家っ子主婦*もぐら*の生活

地道にコツコツと!がモットーの専業主婦。大きな一歩が踏み出せず只今さまよい中。

(2)遊びの延長? 保護者の謝罪。

先生に報告し、保護者とも話をした翌日。

その子と同じクラブだったため、前日に引き続き息子に、

「ごめんね、ごめんね、ごめんね。」と謝ってきたらしい。

イジメじゃなく、遊びの延長

今回の件を、同学年の娘をもつ姉にメールしていたら、

「多分、本当に遊びの延長だったんだろうね」と言われた。

楽しいから意地悪していたんだろうな。

このことを、姉が娘ちゃんに話すと、ムッチャ怒りながら、

「やったヤツ、ボコボコにしてやる!」と言っていたらしい((f( ̄∇ ̄;)

同い年でも、半年先に生まれた娘ちゃんは、姉的存在なので嬉しかったよ。

スポンサーリンク

 

 

もうひとりの保護者が謝罪に。

f:id:moguramama:20170805084606j:plain

先生に告げた日から数日後、息子を叩いたもうひとりの子のお母さんが、

突然我が家にやってきた。 息子が帰ってくるちょっと前。

ピンポ~ン。

「○○さんのお宅ですか?」

「はい、そうですけど」と答えたら、

「□□です。」って。

あ!と気付き、急いで出ると謝られた。その子が息子にしたのは今回が初めて。

たぶん、友達から言われて、同じように調子に乗って叩いた感じ。

玄関先でいろいろ話をして、「また何かあったら言ってください」と、

帰り際にお菓子をいただいた。

些細なことが原因に。

その子の場合は、息子と一緒に帰りたかった!というのが事の発端。

「一緒に帰りたかったのに、息子が一緒に帰ってくれなかった。」と。

そして、息子は

「ランドセルを引っ張るから、それがイヤで一緒に帰りたくなかった。」と。


どちらが先に起きたことなのか分からないけど、

どっちにせよ、叩くことはいけない!ということを先生は話したらしい。

スポンサーリンク

 

先生に感謝!

今回、先生に言ったこと。すぐに対応してもらえたこと。

手を出してきた子たちの親にも伝わったこと。

結果的に良かったな、って思ったよ。

親としては、言ったことで逆恨みされると困るからね。

ネチネチしてなくて、ホントよかった。

ずっと意地悪してきた子も、会うたびに謝ってきたらしい。

お母さん、相当怒っていたからね💧

親と子の信頼関係

子供が成長していくと、喜びも多い分、いろいろ問題も起きる。

親としてできることをやっていくしかない。

イジメてもイジメられても、どっちも困る。

 

「まだ三年生なんだから、早めに先生に言った方がいい!」

と言われる方もいると思う。だけど、当時私は、息子の意思を尊重した。

「先生に言わないで!」と言うのに言ってしまったら、

親子の信頼関係が壊れると思ったから。

 

今では、その子達と一緒に帰ることもあるらしい。

仲良しの子たち含め、大勢で一緒に帰っている。

子供と一緒に、親もちょっと成長できた出来事だった。

 

応援にポチッとしていただけたら嬉しいです

にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ