家っ子主婦*もぐら*の生活

地道にコツコツと!がモットーの専業主婦。大きな一歩が踏み出せず只今さまよい中。

わたしの履歴書(11)セルフ食堂(豆知識紹介)

保育園は午後からの勤務だったため、3ヶ月後、午前の仕事も探すようになった。

見つけたのは、近場にあったセルフ食堂のパート。 ベテラン主婦のお店。

面接は、その店舗のリーダーがしてくれた。 はい、採用!

レベル1の仕事

朝7時~昼すぎまでの仕事。

セルフ食堂なので、大量に惣菜を作らないといけない。

入りたてペーペーの私は、サラダ作りから。

レベルUPしてくると、揚げ物、焼きそばを作るようになる。

飛び散る油で、かなり腕をやけどをした。

スポンサーリンク

 

お客様はトラック野郎

メインの客は、トラックを運転している人たち。

24時間営業の店だったし、トラックが停められるスペースもあったので。

量り売りだと、割高になるため、単品を注文されることが多かった。

家族連れだと量り売りを利用する人が多かったね。

f:id:moguramama:20170806094659j:plain

コンテストに参加

サラダ作りのコンテストが企業内であるというので、なぜか私が参加させられた。

切り方や盛り付け方など、地域マネージャーが来て指導する。

もちろん仕事の合間なので、忙しい。

コンテストがどうなったのかは知らないけど、終了後、体調を崩して辞めた。

勤務期間5ヶ月。 いろんな料理を作ることができ、勉強になった。

伊東家の食卓(豆知識)

当時この番組で、ヘニャヘニャになったかき揚げをサクッとさせる!

という方法をやっていた。 放送日の翌日、みんなで試してみた(笑)

ヘニャったかき揚げを水につけ、油で揚げる。

すると、水分を飛ばしてくれるため、サクサクになった。

もちろん店頭には出さず実験したのみ。

この番組すごく役立っていたから、いろいろ試していたなぁ~。

スポンサーリンク

 

最終職歴

かけもちで働いていると、職歴がややこしくなってくる。

保育園→(3ヶ月)→セルフ食堂(5ヶ月)→セルフ食堂退職

→(6年4ヶ月)→保育園退職 という流れのため、最後の仕事は保育園になる。

 

社会人になって、11の職を経験していたなんて!!

もちろん履歴書に書ききれないため、短期間の職は端折る。

いろんな仕事をしてきたからこそ、身についたことも多かった。

世間を、よぉーく知ることができた(笑)

 

次は? ・・・どうなることやら💧

 

応援にポチッとしていただけたら嬉しいです

にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ