家っ子主婦*もぐら*の生活

地道にコツコツと!がモットーの専業主婦。大きな一歩が踏み出せず只今さまよい中。

「Apple IDがロックされています」Appleからのメールか確認する方法

以前紹介した詐欺メールの記事です。 

今度は違う件名、違うアドレスから届きました。
今回も詐欺メールでしたので紹介しておきます。
スポンサーリンク
 

 

Appleを騙るメール

From「Apple」
件名「セキュリティ上の理由により、Apple IDがロックされています。」

差出人のアドレスを確認してみました。

f:id:moguramama:20180530203346j:plain

Fromにある「Apple」のところにカーソルをあてると
下にアドレスが表示されます。

「Apple」からのメールなのに、アドレスはgoogleになっています。

「no-reply@accounts.google.com」で検索してみると
Googleからのメールだと書かれているサイトもありました。

しかしこれはフィッシング詐欺なのでご注意ください。

スポンサーリンク
 

 

Apple IDがロックされています

メールの内容はこちらです。

f:id:moguramama:20180530204822j:plain

前回同様、本文にあるアドレスにアクセスして、情報を入力しないでください。
情報を騙し取られてしまいます。

スポンサーリンク
 

 

Appleからのメールか確認する方法

Appleのサポートコミュニティに「詐欺ではないか?」という質問がありましたので、その答えを参考にさせていただきました。

f:id:moguramama:20171101093422j:plain

Appleからのメールは必ずメールドメイン(@の右側)の最後に「apple.com」が入ります。 「apple.com」ではない場合、明らかにApple IDやパスワード等の個人情報を入力させて搾取するのが目的のフィッシングメールです。

メール本文の内容がApple IDに関するものである場合
以下のポイントのうち1つでも違っていれば偽メールです。

  • AppleからのApple IDに関するメールで、「請求先住所」を日本の住所で登録しているApple IDに関するメールが、外国語で届くことはありません。
  • AppleからのApple IDに関するメールの本文が「お客様各位」や「親愛なる」で始まることはありません。
  • AppleからのApple IDに関するメールアドレスは「appleid@id.apple.com」です。
  • AppleからのApple IDに関するメールは、必ずApple IDに登録しているメールアドレスに届きます。
  • AppleからのApple IDに関するメールで、確認内容を添付ファイルで添付することはありません。
  • Apple IDアカウントページのリンクにカーソルを重ねると、表示されるURLは
    https://appleid.apple.com/」です。
  • Apple IDに関するメールの場合、必ずメール本文に「Apple ID」及び「請求先住所」として登録している「本名(フルネーム)」が記載されています。
    ※Apple IDはメールアドレスなので、偽メールに記載されていても不思議ではありませんが「本名(フルネーム)」が記載されていない場合は偽メールです。 

スポンサーリンク
 

 

フィッシング対策

調べていくと、このようなサイトに辿り着きました。

フィッシング詐欺に関する情報が記載されています。
Appleを騙るフィッシングについても記載されていました。

かなり頻繁にメールが届いている方も多いようですが
届いたことがない方は、信じてしまうこともあります。

怪しいと思わず素直に入力してしまう方もいます。
ちょっと知っていれば注意できますので
ネットに詳しくない方などに教えてあげてください。

応援にポチッとしていただけたら嬉しいです

にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ