家っ子主婦*もぐら*の生活

地道にコツコツと! 12年間の専業主婦生活からちょこっと足を踏み出しました。

【いじめ】再びイヤな学校が始まった。。。

学校が始まり、旦那のお弁当作りと同時進行で息子の朝食を作り、合間に洗濯をし、自分の身なりを整え、みんなが出かけてからひとり朝ごはんを食べています。

旗当番の日は、息子も旦那も出かけたあとに帰ってくるようになるため、更に大変なことになりそうです💧 しかもその日から仕事再開!!

早起きは苦手だけど、頑張るしかない。
今から時間を確認しながらシュミレーションしています。

【目次】

始業式の一日

長いお休み期間を明けての始業式。
すんなり学校へ行ってくれるかな?と心配していましたが、家を出るのは遅かったものの、なんとか行ってくれました。

ここは笑顔で!元気よく!
「行ってらっしゃ~い」と手を振ると、息子も笑顔で手を振りながら
「行ってきます」と言い、走って登校しました。

 

始業式の日は3校時で下校するため、昼過ぎには帰ってきました。

いつもの友達と遊ぶ約束をしていたらしいけど、そこへ、息子をいじる子が来るかもしれない!と言うので、友達のお母さんにメールで問い合わせました。

すると、その子は来ないことが分かったので、ご機嫌で出かけて行きました。

 

トラブルになる子がいるときは、遊びに行かないようにしています。

帰る時間になっても自転車を返してくれず帰れなかったり、先に帰ることを伝えると文句を言われたり、タブレットを返してくれなかったりとトラブルしか起きないので、せっかく友達の家へ遊びに行っても、その子がいるとイヤな思いしかしないんですよね。

楽しく遊べたようで良かったです。 

先生から電話

先生から電話

晩ごはんを作っていると、先生から電話がかかってきました。

始業式の前日夜の様子や、当日朝のことを聞かれました。
家を出る時間が遅かったこと、長い休み明けの学校だったので、少し渋っていたことを伝えました。

夏休み最初の懇談で
「学校へ行きたくないと言っている」
「夏休み明けが心配」
ということを伝えたからでしょうね。 

始業式の日は、給食もなく3校時で帰ってきたので、先生も気にして見てくださっていたようですが、息子も特別イヤなことはなかったそうです。

些細なことと言えば、机の隅に置いていた水筒を、わざわざ机の真ん中に置かれたことだけです。

無言で、自分の嫌いな相手がそうやってくると
「さぁ!またいじめるぞー!」
と警告しているように感じるそうです。

そう思ってしまうのも仕方ないですよね。

 

始業式の翌日から6校時になるため、再び電話をしてもいいか確認されました。
もちろん大丈夫だということを伝えましたが、学校から帰ってきて、汗だくの息子はすぐシャワーを浴びるので、あまり話す時間がないんですよね。

とりあえず、先生から電話がかかってくることを息子にも伝えていたので、学校の話をしっかり聞いて、先生に伝えることにしました。 

だから学校へ行くのがイヤなんだ

だから学校へ行くのがイヤなんだ

2学期2日目は6時間授業でした。
先生は気にかけてくれていたようですが、休み時間や学校帰りにイヤなことがあったようで、先生から電話があったときに伝えました。

まず、前日に水筒と移動させていた子が、やたらと息子を触ってきたそうです。
それがイヤだった息子は「もー面倒くさい!」と言うとやめたそうです。

しかし、その後も、何がきっかけか分からないけど言い合いになり、息子が
「自分がいじめだと思ったらいじめなんだ!」
ということを伝えると、息子の言い方が悪かったのか、言葉遣いが悪かったのか、今度はその子が
「逆にそれっていじめじゃん!」
と言い返してきたそうです💧

そう言われてしまった息子は、何も言い返せなかったようです。

 

なんだか聞いてるだけで面倒です。。。
もう息子に関わらないでくれ!と言いたい。

休み時間

休み時間に息子が友達と仲良く遊んでいたとき、3人の子がその遊びに加わってきました。しかし、その3人は息子にちょっかいを出す子たちです。

その中の1人が鬼になったとき、3人でコソコソ話をしたかと思えば、すぐ息子をタッチしてきました。

きっと息子を鬼にさせようと話していたんでしょうね。
でも休み時間も終わりそうだったので、結局その遊びは終わりました。

聞いていると些細なことなんだけど、こういうのって、やられた本人は、イヤな思いをしますよね。

学校帰り

6時間目に委員会があったので、みんなバラバラで帰っていました。

ひとりで帰っていた息子に、いきなり1人の子が近づいてきて
「きちがい!きちがい!」
と言われたそうです。

もぉー、なんなん!?

前の方に友達が他の子と帰っているのが見えたので、そこへ行こうと思っていたけど、更に後ろから、いつも息子にイヤなことをしてくる子が見えたので、この2人が一緒になるとたまったもんじゃない!と思った息子は、友達と話すことなく走って帰ってきたそうです。

頼むから、関わらないでくれ!

ひとりで帰ってるんだから、そっとしといてくれ!

 

息子がイヤだったことを話したあと

「こういうことがあるから学校に行きたくないんだよなー」

と大きな声で言いながら、シャワーを浴びに行きました。

 

だよね。
イヤなことばかりされると行きたくないよね。

先生の対応

私が話した内容は曖昧な部分もあるので、息子と直接話をしてくれるそうです。
そして、休み時間にも、イヤなことがなかったか声をかけてくれるそうです。

先生の目が届かないときにばかり起きているので、先生がいくら気にかけてくれていても、息子はイヤな思いをしながら過ごしています。

 

相手の子にも話を聞いてくれるとは思いますが、チクった!と、また第三者から言われることになるかもしれません。

毎度のように第三者が息子に文句を言ってくるんですよね。

「お前が先生に言ったから◯◯が怒られたんだ!」
ってね。

お前に関係ないだろー!!!

最初に言った「その子がいるときは遊びに行かない」と決めている子です。
変な正義感があり、とにかく面倒臭い子なんです。

解決したことまで蒸し返してきて「今頃?」と思うような時に息子を激怒したことがありました。それも、その子は第三者です。

もー、意味不明💧

今までのいじめについて 

⇩6年生の最初 

 

⇩私が一番悔しかったいじめ 

 

 ⇩親は無反応

いろんなことをされてきましたが、一番問題を起こした子の親は無反応のままです。

というか、この子の親ってどの人?というくらい誰なのか分かりません。

 

トラブルにあっても、親が無反応という人は多いようです。

「親が親なら子も子」という言葉通りなんでしょうね。

 

なんか、息子の話を聞いていると、悔しいことが多すぎる。

応援にポチッとしていただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ