家っ子主婦*もぐら*の生活

地道にコツコツと!がモットーの専業主婦。大きな一歩が踏み出せず只今さまよい中。

わたしの履歴書(4)産業廃棄物事務

広告会社を辞め、「次はそんなに遠くない場所がいいな」と探していたら、

自転車で通っていた高校の、近くの会社が募集をしていた。

産業廃棄物処理場の事務員 

f:id:moguramama:20170804220420j:plain

プレハブのような2階建ての建物があって、その2階が事務所になっていた。

これまた、2つの会社が1つの場所にあるような状態だったため、

産廃の事務として雇われたが、解体業の事務もしていた。

産廃の処理場もあったため、トラックの出入りがすごい。

入ってくるたび、クラクションで合図。

2階の窓を開けて、ナンバーと台数を上からチェックし記入。

とにかく砂埃がすごくて、私の黒い車(スポーツカー)は常に薄茶色!

男の仕事。男の世界。

事務員は女3人のみで、途中1人が辞めたので2人だけ。

本当に男の世界だった。 夏でも長袖の理由はすぐに分かった。

見た目怖くても、みんなすごく優しかった。

忘年会の時には、みんなで乗り合わせて街中まで飲みに行き、

私の車も出していたので、店につくと車を移動してくれて、帰りは代行で、

みんなで乗り合わせて帰宅した。

仲の良かったメンバーで、合宿のようなことをしたこともあった。

スポンサーリンク

 

年末年始も仕事三昧 

事務員2人のため、仕事量が半端なかった。

朝は7時くらいに出勤し、夜も暗くなってからの帰宅。

年末年始で仕事を片付けようと、家に大量のファイルを持ち帰り、ひたすら記入。

3ヶ月の試用期間が1月待つで終わるため、制服の注文の話を社長からされたとき、

続けることは無理だと、辞めることを告げた。

やっぱり長く働くことはできないみたい💧

 

 

応援にポチッとしていただけたら嬉しいです

にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ