家っ子主婦*もぐら*の生活

地道にコツコツと!がモットーの専業主婦。大きな一歩が踏み出せず只今さまよい中。

地震発生時のガスの対応/冬のあるある「ガス遮断」

先週の土曜日、息子の学校では体験学習がありました。
毎年私も出席していましたが、今年は行きませんでした。

ちょうど午前中に仕事の追加が入ったので
製作に専念し、当日発送することができました。

スポンサーリンク

 

 

体験学習

第一位希望ではありませんでしたが
息子は火おこしを体験してきました。

そこでいただいてきたものはこちらです。
メモ帳、付箋、ポケットティッシュ、
そしてクレヨンもありました。

f:id:moguramama:20180528091455j:plain

ガス屋さんが教えてくれるため
ガスに関するたくさんの資料が入っていました。

木を使って火をおこす体験をし
その後、船を渡され、水の上を走らせたそうです。

f:id:moguramama:20180528094147j:plain

ポニョを思い出しますね。

⇧こちらの商品は高いですが
ブリキの商品もありました。
夏休みの宿題にも良さそうです。

スポンサーリンク

 

 

地震が起きたときの対応

いただいたチラシです。

f:id:moguramama:20180528094946j:plain

 

⇩拡大してみました。

f:id:moguramama:20180528095051j:plain

地震がおきたときに火をつけていた場合
「火事になる!」と思って、一番に火を消しに行ってしまいそうですが
まずは自分の身を守りましょう。

ガスを使用していた場合、震度5相当以上の強い地震が起きても
ガスメーターが自動的にガスを遮断してくれます。

f:id:moguramama:20180528095443j:plain

揺れがおさまったら、ガスの使用をやめて
器具栓、ガスの元栓、ガスメーターバルブ、容器バルブを閉めます。

f:id:moguramama:20180528095708j:plain

スポンサーリンク

 

 

冬のあるある「ガス遮断」

我が家の場合、地震とは関係なく
冬になるとよくガスが遮断されてしまいます。

ガス警報器とガスメーターが連動しているため
警報音が鳴り響きます。

なぜ冬なのかというと、お風呂に入るとき
夏場はシャワーが多いけど、寒くなってきたら
お風呂にお湯を張るからです。

消費量の少ない夏の数値と比較して
必要以上にガスを使っていると判断し
ガスが遮断されてしまいます。

ありがたい機能なんでしょうが
雨の日の冬場に起きたときには本当に困りました。

夫婦仲が悪くなるくらい困りました💧

旦那が懐中電灯を持ち
雨の中自宅裏のメーターのところへ行き復帰ボタンを押します。

雨の中2分間待ち、赤いランプの点滅が消えるのを確認します。
するとガスが使えるようになります。

我が家の電話の横に置いてあるコルクボードには
これを貼っています。

f:id:moguramama:20180528101604j:plain

警報音が鳴り響くと焦りますよね💧

そのため、毎年冬場にお風呂を沸かすとき
ドキドキしてしまいます。

寒くなる前から、少しずつお湯を張るようにした方がいいですね。
湯船につかった方が疲れがとれやすいので
体のためにも、夫婦仲のためにも(笑)心がけたいです。

ランキングに参加しています。
応援にポチッとしていただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ