家っ子主婦*もぐら*の生活

地道にコツコツと! 12年間の専業主婦生活からちょこっと足を踏み出しました。

【通学用自転車】140cm以下で26インチ/コロナウイルスの影響で品薄状態

小学校生活最後の参観日が終わりました。
次に小学校へ行くときは、卒業式です!

【目次】

140cm以下で26インチは厳しい!

140cm以下で26インチは厳しい

中学校入学を控えているため、自転車を探していました。
ただ、息子は身長が140cm以下です。

ネットで見ていても、140cmないとかなり厳しいことは分かっていました。
好きなデザインや色を選んでいる場合じゃないことにすぐ気付かされました。

 

土曜日、息子と2人で自転車を見に行ってきたところ、時期が時期なので、駐車場もあっという間に満車になっていました。

自転車は売約済みのものも多く、種類も少なくなっていました。

店員さんも忙しそうにしているので、話しかけることができたのは、自転車を選んでいる人が少なくなってきた頃。

 

店頭にあった26インチの自転車で、一番低いもので140cm~でした。
メーカーによって142cm~、145cm~とバラバラです。

そこで、140cm~の自転車のサドルを一番下に下げてもらいましたが、やっぱり足が届かず、別メーカーのものだったけど、直付けをセットしてもらい座らせてみたら、かろうじてつま先がつく状態でした。

でも息子としては「届いていない」そうです。

メーカーが違うので、直付けサドルの軸が長すぎたので、同じメーカーだったら、なんとか足はつくと思います。

 

そして2店舗目に行って見たものの、種類も少なく、26インチで140cm~というものはありませんでした。

ガーン

ヤバイ!
こりゃ本当にヤバイぞ!!

もしかしたら、息子の自転車は買えないかも!?
それとも24インチ?

コロナウイルスの影響で品薄状態

不安と焦りで旦那にLINEすると
「夜、ご飯を食べ終えたら別の自転車屋さんへ見に行こう!」
となり、夜な夜な自転車を見に行きました。

しばらく見て回ったあと、旦那が店員さんを捕まえて話していました。

 

今ね、コロナウイルスの影響で、中国からモノが入ってこないじゃない?

同い年の子供をもつ姉からも「早めに自転車を買わないと部品がないよ」って言われていたんだけど、中学校の指定が分からなかったので、入学説明会を終えてから探したため、やっぱり遅くなってしまいました。

思ったとおり、部品が品薄になっているから、その店舗では、直付けサドルはないって言われたようです。

そして24インチだと需要がないので、自転車の数も少なく、基本子ども用か電動自転車でした。
数が少ないので、部品も高くなるそうです。

これから身長が伸びるので、やはり26インチですね!

 

そこで、再びネットで調べてみたところ138cm~乗れる自転車がありました。

直付けサドルにすれば4cm下がるので134cm!

息子が6年生になったばかりの身体測定で135.5cmだったので、それよりも伸びているから乗れる可能性大!

店頭にない自転車だったのでこれしかない!と思い、注文しました。 

購入までの流れ

注文するときに、支払い方法を選びます。

在庫の確認ができればメールが届きます。
在庫がなければキャンセルになり、在庫があれば支払いをします。

受け取りは実店舗になります。

そのため送料無料!

 

配達までに時間がかかるため、参観日当日、家を出る予定の10分前に在庫がある旨のメールが届いたため、急いで振り込みを済ませました。

当日、支払いの確認ができたとメールが届きました。

実店舗へ発送の手続きに入ります。

ここからが長いんです!

約2週間!!

あとはお店に自転車が届いたら連絡がくるので、旦那がいるときに取りに行って、旦那か私が家まで乗って帰る予定です。

昔は高額自転車だった

自分たちが中学入学前に自転車を買った時は、身長の心配なんかしていませんでした。
しかも、カタログで選び、当時はみんな似たような高額の自転車を買っていました。

当時、7万円は当たり前!

しっかりしているから、中学高校と6年間壊れることなく乗れていました。
その後もずーっと実家にありましたからね。

息子の自転車もケチらず、高額でもいいから!と思っていたけど、選べるものは限られていたので、約6万円の自転車になりました。

直付けサドルも別で購入するので6万円超えですね。

 

あとは、メンテナンスをしっかりして、私の自転車みたいにサビサビにならないようにしてほしいところです。

ベルトなので、そこは安心ですけどね!

安心して乗れるように、届いたら入学まで頑張らないとなー。
ギリ自転車通なので、最悪徒歩です!(笑)

応援にポチッとしていただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ